September 2017

teto / dystopia
teto / dystopia

¥ 2,160

SOLD OUT

The Domestic特典:缶バッチ

1st EP「Pain Pain Pain」の爆発的に人気により問い合わせが殺到した teto の待望の1st Mini Album「dystopia」が発売!!!

待っていました!ついにtetoに新譜が!誰もが待っていたであろう!!
今、ライブハウス界を飛び向け、インディ音楽業界を誰よりも賑わしているバンド。結成1年半にもかかわらず、04 limited sazabysのツアーやAge Factoryのツアーに抜擢されたり今抜群にイケてるバンド。

これぞ初期衝動パンクバンド。CDとライブでは全く別のようなバンドである。
ライブは本物のパンク!パンク!パンク!見た人全員を魅了してしまうこと間違えなし。

The Domestic的、今一番見たい!見て欲しいバンドNo.1!

今回の作品の、M6「9月になること」ではリーガルリリーのたかはしほのかちゃんがコーラスをつとめている。最高としか言えないです、、、、



▽トラックリスト
1. 暖かい都会から
2. this is
3. ルサンチマン
4. My I My
5. teen age
6. 9月になること
7. utopia
8. あのトワイライト

▽視聴
https://www.youtube.com/watch?v=0xPGHz7GJB8


▽リンク
web http://tetot.info
twitter https://twitter.com/teto_info


先行予約

【先行予約商品に関するご案内とご注意】
・こちらの商品の発売日は8月30日(水)です。

・各配送業者公表のお届け日数に従って、発売日にお届けできるように発送を開始致しますが、離島など一部地域への商品到着は発売日を過ぎる場合がございます。

・天候や輸送状況その他様々な配送上の理由により、お届けが予定よりも遅れる場合もございます。特に、メール便は投函でのお届けとなるためお届け日指定ができず、誤配/遅配の可能性が宅配便と比べて高くなります。

・当店では基本的にご注文商品がすべて揃ってからの一括発送を実施しております。ご予約商品やお取り寄せ商品などを同時にご注文される場合は、お届け日にご注意ください。

・ご注文確定後、お客様都合による返品・返金は一切お受けできません。ご購入前に商品内容をよくお確かめ下さい。

Helsinki Lambda Club × teto / split
Helsinki Lambda Club × teto / split

¥ 1,728

SOLD OUT

いま巷で話題すぎる2バンドのスプリット作品!

Helsinki Lambda ClubがUK.PROJECT内に発足した自主レーベル"Hemsterdam Records"からの今回の第1作品目が、いま話題沸騰中爆発的に人気上昇中のHelsinki Lambda Clubとtetoの奇跡的なスプリットtetoとのスプリット作品でスタート!
似ているようで似ていない、でも似てる。そんなを是非堪能して欲しい。めちゃくちゃいい。ヘビロテ決定。


▽トラックリスト

Helsinki Lambda Club
01 King Of The White Chip
02 Boys Will Be Boys
03 宵山ミラーボール

teto
04 36.4
05 ルサンチマン
06 新しい風


▽試聴
Helsinki Lambda Club「King Of The White Chip」MV
https://youtu.be/a3p1M9Y9CHU

teto「36.4」MV
https://youtu.be/HCc9wA0Yq_4



▽リンク
Helsinki Lambda Club
HP http://www.helsinkilambdaclub.com
Twitter @helsinkilambda

teto
HP http://tetot.info
Twitter @teto_info



teto / Pain Pain Pain
teto / Pain Pain Pain

¥ 1,000

SOLD OUT

爆売御礼!再々々々々入荷完了!

愛情も怒りもいら立ちも哀愁もぜんぶ駆逐して、猛スピードで突っ走って行く。
東京ライヴハウスシーンで注目を一身に集めるtetoによる、シングル集かっていうくらい、とびきりキャッチーなキラーチューン5曲入り1stEP。

ファーストEP。5曲入り。でもたった5曲でtetoというバンド、作詞作曲を担当しているコイケ君のおいしいところが全部つまってるように思います。愛がある、怒りやいら立ちもある、後悔や悲しみもある。そのすべての感情がとびきりキャッチーな曲に乗って叩きつけられて、しかも5曲が5曲とも独立してシングルでいけちゃうじゃんっていうくらいの圧倒的キラーチューンだし、これを聴いたらしばらく呆然としちゃうよね。

楽曲やメロディセンスがいいのはもちろん、だけどtetoの真骨頂はその歌詞にあるんです。
M-1「高層ビルと人工衛星」やM-2「トリーバーチの靴」の、なんならベンジーみたいにどこか詩的で映画的なセンスすら感じる歌詞は、20代のノスタルジーや葛藤を歌っているようで、実はぜんぜん違う宇宙のことを歌ってるんじゃないかと錯覚すらしてくるし、M-3「散々愛燦燦」では”逃がしちゃったんだ 無くしちゃったんだ”と後悔の念が溢れる歌詞なのとは対照的に、能天気なまでに本作一のポップチューン。タイトルトラックでもあるM-4「Pain Pain Pain」では、いら立ちや鬱憤を滲ませながらも結局は痛いくらいにアイロニックだし、ラストを締めくくるM-5「新しい風」ではやさぐれ気味の導入部ではあるが、”ここから歌ってく”とタイトル通り次に向かっていく風通しの良い歌詞で締めくくられてる。

ああ、そうか。tetoはパンクなのにクールなんだ。
葛藤もいら立ちも愛情もぜんぶ肯定していて、ぜんぶ引き受けていて、消化はできてなかったとしても、それを抱えて走って行く覚悟だけはできてるような。
台風みたいにあっという間に迫ってきたと思ったらあっという間に去っていくんです。それぞれの楽曲にそれぞれいろんな感情が詰め込まれてるんですが、結局tetoはそういう感情を全部飲み込んで、駆逐して、猛スピードで突っ走って行く。負の感情も正の感情も結局ぜんぶ愛しいんだよ、とでも言うみたいに。



【販売側の生産が終了したため再入荷予定はございません。】



▼ミュージックビデオ
高層ビルと人工衛星
https://youtu.be/1y0NK7VEHD0

Pain Pain Pain
https://youtu.be/mUG-sd7su8Q


▼試聴
高層ビルと人工衛星
https://soundcloud.com/ssssssssssdtssssssssss/uy6uudh5jjtp
トリーバーチの靴
https://soundcloud.com/ssssssssssdtssssssssss/a6dinyh7dflu
散々愛燦燦
https://soundcloud.com/ssssssssssdtssssssssss/n0yprnqljnlp
新しい風
https://soundcloud.com/ssssssssssdtssssssssss/myphijbjyi3b

▼トラックリスト
1. 高層ビルと人工衛星
2. トリーバーチの靴
3. 散々愛燦燦
4. Pain Pain Pain
5. 新しい風

▼リンク
http://tetot.info/
https://twitter.com/teto_info