November 2017

カサネ e.p. / 橋本薫
カサネ e.p. / 橋本薫

¥ 1,404

SOLD OUT

今月初7インチを発売した、Helsinki Lambda Club Vo.Gt 橋本薫のソロ弾き語り作品第2弾!ドメスティック限定独占通販開始!

odol森山公稀のピアノアレンジによりHelsinki Lambda Club の楽曲である「彷徨いSummer Ends」をセルフカバー。バンドサウンドとは違った世界観で収録!「Ticket To Hide」は以前共作したKidori Kidoriのマッシュとの楽曲を再録。4曲目の「元カノ」は盟友である、The Whoopsの楽曲をカバー。

バンドだけでなく、ソロでも精力的にこなし弾き語りとバンドとの世界観の違いをお楽しみに!


▽トラック
1. そんな未来を
2. 彷徨いSummer Ends
3. Ticket To Hide
4. 元カノ
5. Closing Time


▽視聴
https://soundcloud.com/kkkaoru

▽リンク
https://twitter.com/cowperchild

Helsinki Lambda Club / Time, Time, Time
Helsinki Lambda Club / Time, Time, Time

¥ 3,240

SOLD OUT

▽内容
●7インチアナログ盤●
SIDE A:Time,Time,Time
SIDE B:バロンダンス

●USBメモリ●
・曲
01. Time,Time,Time
02. 素敵な負け犬
03. バロンダンス

・写真(ランダム)
・ミュージックビデオ
・ドキュメンタリー映像
※USBメモリの収録内容は変更となる場合がございます。



Helsinki Lambda Clubが7インチのアナログ盤とUSBをセットにしてリリースすることが決定!

2017年に自身のレーベル「Hamsterdam Records」を立ち上げ、今年の6月に第一弾となるtetoとのスプリットCDをリリース。
過去作を常に「ファースト〇〇」でリリースしてきた彼らの第二弾となる今作でも、懲りずにファースト縛りを貫いている。バンド初となるアナログ盤とUSBをセットにした全3曲入りのシングル仕様。

7インチのA面に収録「Time,Time,Time」はレコードの回転数を思わず早めたり、いや、むしろ遅くさせたりして遊びたくなってしまうような軽快さと脱力感を感じさせつつも、サビのグッとくるメロディには、やっぱり橋本薫節がふんだんに詰まっているので、当然の如く中毒性が高い。
B面に収録「バロンダンス」は、「あれっ、The ピーズのCD聴いてたっけ?」という錯覚に一瞬陥りそうな気配が漂うスローテンポの楽曲であり、出だしの歌詞から「君が死んでほんとによかった」と歌うこのバンドの精神状態が少し心配ではあるが、The ピーズの「シニタイヤツハシネ」に通じるモヤモヤっとした曲の感触が、逆に心地よいかもしれない。
さらに、USBには7インチに収録の2曲とは別に新曲「素敵な負け犬」を収録。「あれっ、これもタイトルがThe ピーズっぽくねー?」という流れに一瞬陥りそうな気配が漂う楽曲名ではあるが、硬派でストレートなロックンロールである。と思いきや突如の転調。プログレかっ?というヘルシンキらしいストレートではない楽曲に仕上がった。
楽曲の他にも写真、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー映像など4GBのデータ容量にありったけのデータをぶちこんで収録予定。

今作のコンセプトとして、なんでもかんでもデータ化される時代にわざわざ抗うことはせず、だったらすべてデータ化してしまえ。というノリをもちつつも、アナログとデータをきちんと両立させて付き合っていきたいという前向きな気持ちが前提にあります。
USBにあらかじめ収録されている楽曲や写真にプラスして、自身がオススメの写真や共有したいものなどを詰め込んで、リミックスアルバムを作るようなテンションでUSB内をカスタムして楽しんでほしい。

パッケージはミニトートバッグに入れたスペシャル仕様


▽リンク
HP http://www.helsinkilambdaclub.com
Twitter @helsinkilambda