Bluems / 「夢うつつ’19 / Modern Tears」

¥ 990

*This item will be delivered on 6/16(Tue) at the earliest.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • Yamato Transport

    Your delivery status can be checked online.

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 1,090JPY
    • Tohoku

      • Aomori 750JPY
      • Iwate 750JPY
      • Miyagi 650JPY
      • Akita 750JPY
      • Yamagata 650JPY
      • Fukushima 650JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 650JPY
      • Tochigi 650JPY
      • Gumma 650JPY
      • Saitama 650JPY
      • Chiba 650JPY
      • Tokyo 650JPY
      • Kanagawa 650JPY
      • Yamanashi 650JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 650JPY
      • Nagano 650JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 650JPY
      • Ishikawa 650JPY
      • Fukui 650JPY
    • Tokai

      • Gifu 650JPY
      • Shizuoka 650JPY
      • Aichi 650JPY
      • Mie 650JPY
    • Kinki

      • Shiga 750JPY
      • Kyoto 750JPY
      • Osaka 750JPY
      • Hyogo 750JPY
      • Nara 750JPY
      • Wakayama 750JPY
    • Chugoku

      • Tottori 870JPY
      • Shimane 870JPY
      • Okayama 870JPY
      • Hiroshima 870JPY
      • Yamaguchi 870JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 990JPY
      • Kagawa 990JPY
      • Ehime 990JPY
      • Kochi 990JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 1,090JPY
      • Saga 1,090JPY
      • Nagasaki 1,090JPY
      • Kumamoto 1,090JPY
      • Oita 1,090JPY
      • Miyazaki 1,090JPY
      • Kagoshima 1,090JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,200JPY
  • クリックポスト

    CD4枚まで、7インチアナログ盤2枚まで対応可能

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 300JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 3,000JPY will be free.

Report

東京を中心に活動する3人組バンド、Bluemsが両A面シングル「夢うつつ’19 / Modern Tears」をリリース。

「夢うつつ’19(読み:ゆめうつつないんてぃーん)」は口ずさみたくなるメロディラインとグルーヴィーなリズムセクションが鳴らす『10年代を過ごしてきたすべての人に送る、トーキョー・ソウル・ポップ』と銘打たれている。

小沢健二やキリンジといったジャパニーズ・ポップスの流れを汲みながらTom Misch、Rex Orange Countyなど新世代のアーティストと共鳴する"僕たち私たちのソウルポップス"がここに誕生。洗練されたプロダクションと生活の匂いが香り立つ詩世界が合わさった1曲となっている。

「Modern Tears」はロックバンド然としたアンサンブルに、オートチューンのかかった歌声や電子音などポストプロダクションが絡み合う骨太な1曲となっていて曲のトーンを司るギターリフとパーカッションはSpoonやThe NationalなどUSのロックバンドを彷彿とさせる。歌詞に関しては誰もが一度は抱く憂鬱な気持ちと現代社会の交わりを表現したものとなっている。

表題曲の2曲に加えて前作のミニアルバム『恋について』収録の「それは涙じゃなくて」のセルフカヴァー「それは涙じゃなくて (Soak ver.)」が3曲目に。原曲とはガラッと変わりMac Demarco、Unknown Mortal Orchestraの影響を受けたサウンドとポップなメロディが溶け合う作品となっている。ちなみにこの曲は配信などはされておらずCDでしか聴くことができない。

大塚真太朗による全曲ライナーノーツ付き。

レコーディング・ミックスにはペトロールズ、never young beachなどを手掛ける池田洋(hmc studio)、マスタリングにはkimken studioの木村健太郎を迎え制作された。

[tracklist]
1.夢うつつ’19
https://youtu.be/p6py14lh9AY

2.Modern Tears
https://youtu.be/rhVWcwv4ppA

3.それは涙じゃなくて(Soak Ver.)


[MV]
M1.夢うつつ’19
https://youtu.be/p6py14lh9AY

M2.Modern Tears
https://youtu.be/rhVWcwv4ppA